もろ酢ともろみ酢とは

con_img1_3

もろ酢とはタイからへ渡り沖縄に伝わったものです。他の酢とはまた違いつんとして、独特な香りがないのが特徴です。

クエン酸を多く含んでいます。酢酸はほとんど含まれていません。アミノ酸も多く含まれているのです。

健康飲料としても多くの人に親しまれています。もろみ酢はアルコールは0.5%未満です。糖化したデンプンが残っているので米に含まれたタンパク質が発酵菌できめ細やかになり分子になるのです。

そして、多様なアミノ酸になるのです。血行がとても良くなります。

黒酢と比べて歴史がとても浅いものとなっております。1973年に石川酒造物が開発しました。

先代社長から教わった石川信夫さんは泡盛のもろみ粕を豚に与えた事によって、病気にかかりにくいという事がわかりました。

豚にもいいならば、人間にもいいということで、開発の切っ掛けになったのです。琉球もろみ酢は、タイ米を使用しています。

1973年のその後商品科もされたのです。_ちなみにもろ酢と、もろみ酢は同じ物なので間違えないようにしましょう。

もろみ酢は、沖縄料理も使われています。沖縄ではもろ酢はかしじぇーと呼ばれているのです。健康維持のために使われていたようです。ダイエット効果にもあるので、是非おすすめです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です